それ、おかしいやろ? 一言物申すブログ

一言物申したいことに一言物申すブログです。

巻き添え食った企業も説明を

日産自動車ユーザーの皆さん、お気の毒です。
皆さんの愛車は、「正規の商品」ではない可能性が益々
高まりました。


それはそうでしょう。
正規の検査員の有資格者が正規に検査して合格したものでは
なかったかもしれないからです。


日産はリコールの対象としたものの、今まで正規の対価を払って
いながら、非正規品であった事を考えると、今後の安全を考慮した
リコールは当然のことで、今まで正規品ではない、分かり易く言えば
アウトレット品を使わされてきた事に対して、差額の返還を求めましょう。


日産自動車のこの不正は少なくとも20年近く前から実施されていたとの
事で、すでに車を手放した人は、最初から最後までアウトレット品を
あてがわれていた事になります。


ディーラーに問い合わせて、記録が残っていれば、正規品との差額の
返還を求めましょう。


皆さんが払った車の代金は、正規品を購入するための対価であって、
コストカットして浮かした分を、日本では破格の報酬としてカルロス
ゴーンに差し出すためではありません。

日産自動は、カルロス・ゴーンがCEOに就任した後、相当のコストカット
を実行しましたが、車の販売価格は下がりましたか?


お気の毒ですが、日産ユーザーの皆さんは、トヨタ自動車よりはるかに
原価が安く、その分低品質の車を、トヨタ自動車の車と同程度の対価を
払って購入していたことになり、さらにマトモな検査を受けていないという
おまけまで付くことになりました。


それにしても「20年近く前」が気になります。
カルロス・ゴーンが日産に来たのは1999年です。
あれから18年・・・
「近く」ではなく、「いつから」なのか特定する必要があります
無資格検査が、彼のコストカット政策の一環で、もう一歩踏み込ば、それは
自分の高額報酬を確保するためだったという、うがった見方もできます。


神戸製鋼問題については、さらに関係する自動車メーカーは広がります。


現在、この問題では自動車メーカーも、鉄道会社も口を揃えて「安全上の
問題はない」とコメントしています。


但し、一部会社独自の基準を満たしていなかったとも・・・


完成品メーカー独自の基準を満たしていなくても、安全であることはある
程度理解できます。


国の安全基準にさらに独自の安全率を加味して、完成品メーカーの基準として
いるからでしょう。
なぜなら、国の基準を一つの項目が僅かでも下回れば、商品として販売することは
不可能となるからです。


そして、当然ですが、その商品の希望小売価格は完成品メーカー独自の規準を
クリアする品質を確保するためにかかる原価を規準に定められています。


例えば、国の基準では10tの衝撃加重を受けた時の変形量が定められて
いるところに、自動車鉄道車両のメーカーは12tの衝撃加重で基準以下の変形量
である事を合格の条件としています。


ここで、神戸製鋼の素材を使用したことによって、10.5tの衝撃加重で国の
基準以下の変形量であったものの、メーカーが定めた12tの衝撃加重では、国の
規準以上の変形量があったが、10tという衝撃加重国の基準は満たしているので
安全上は問題ない。


ということです。


いかがですか?
皆さんは12tの衝撃加重でも、充分安全が確保できるはずのものを作るために
要した原価に対して定められた販売価格を払っているのに、10.5t以上の
衝撃をかけると、国の基準を満たさなくなるかも知れない商品を渡されている。


これが神戸製鋼のやったことです。
実際にはこんな大雑把な規準や検査はありませんが、分かりやすく説明させて
頂きました。


そして、車や鉄道車両の完成品メーカーは、具体的事例も数値も挙げることなく、
ただ「安全上問題ない」とコメントを発しているだけで、お客さんから頂いた
対価に対する考えが無いようです。


神戸製鋼については、2016年にも傘下企業によるデータ改ざんが発覚して
おり、これが神戸製鋼グループの前科のように言われていますが、今回発覚
したデータ改ざんの事実が、10年以上前からのグループ企業全体で行われ
ていた事を考えると、昨年発覚した不正は「前震」で、今回のが「本震」で
あるような気がします。
さらに納入先企業からの賠償と言う形で「余震」が続くでしょう。


神戸製鋼の製品の特徴として、同社の製品は一般の人が直接カスタマーになる
ことがほとんど無いということが挙げられます。


神鋼コベルコのユンボやバックホウ等の重機は、建設会社やリース会社は購入
しますが、サラリーマンや物販の商店の家庭では購入しません。


この様な営業形態の会社は、世の中のエンドユーザーとの距離感があって、
直接声が届かないために、ないがしろにした結果がこれです。
身近な車を例にすると、世界に冠たる新日鉄住金やNKKといった鉄鋼メーカー
や硝子メーカーなどの素材メーカーから、ハンドルやブレーキ、シートなど
の装備品メーカーのほとんどがコレに該当します。


エアバックの事故が世界で大きな問題になったタカタが、エンドユーザーとの
距離を測り間違えた最悪の例でしょう。


ここは日本のものづくりの信頼を回復するために、トヨタ自動車や日産自動車
等の完成品メーカーを通じて「正規素材の部品」への交換を要求したり、既に
処分している場合には、非正規商品の使用期間に応じて、正規品との差額返金
を要求し、「もうこんな不正は二度としたくない」と思わせる企業体質を作ら
なければなりません。



どうするつもりだ?

お先真っ暗の2社


日産自動車の不正検査は組織的なもので、呆れたことに事実が
発覚した後も、是正したと嘘をついて無資格検査を継続して
いた。
しかも、発覚後にも継続した無資格者によって検査された車両は、
「安全に問題がない」との事で、リコールの対象にしないとの
ふざけた見解だ。

一方、神戸製鋼所は強度に関する数値改ざんだけでなく、原子力
発電所に収めたパイプの寸法改ざんまで発覚し、救い様のない状態


そして、それを購入した三菱重工や日立製作所のコメントは
「安全性に問題は無い」とのことだ。
今、新幹線や自動車の部品について、安全性に疑念があるなどと
コメントすれば、社会は麻痺してしまう。


「安全に問題がない」のであれば、何のために安全率まで考慮した
基準が定められているのか、説明するべきだ。
また、安全性に問題はないが、正規の基準の材質を使用した商品に
早急に交換する必要がある。

新幹線の台車については、整備に合わせて順次交換することが発表
されているが、個人客の車については何も発表がされていない。


例えバネ1個、鋼鈑1枚と言えどもお金を払って購入したものだ
メーカーは無償で「正規の部品」に交換するよう、対応するべきでは
ないのか?


今回の件では、神戸製鋼から取引先各社へ、相当額の賠償がされる
だろう。
正規の商品を納めていないのだから当然だ!
その賠償金は末端のユーザーのために使われるべきもので、「安全
に問題ない」という確証を得られない見解のために末端のユーザーが
放置され、車やロケットなどのメーカーの利益に帰するものであって
はならない。


末端の消費者は、支払った対価分のサービスを受ける権利を有している。
車の場合、部品を交換したことで「修復暦あり」になってしまうのなら、
その価値が下がる分だけの賠償も求められる。

無事でいると良いのですが?

最近、自衛隊の事故が続いている。


昨日は航自の救難ヘリUH60Jが消息を絶ち、その後
海上でヘリの部品や隊員のヘルメットは見つかった様だが、
肝心の4名の乗員が発見されていない。
一刻も早い救助を望む


そして今日は、百里基地で302飛行隊のファントムが離陸前に火災を
発生させた。
乗員2名が迅速に避難できたのは幸いであった。


302飛行隊と言えば、本来国籍マークより大きくてはいけない
と規定されている部隊のエンブレムが、そのデザインの秀逸さから
唯一垂直尾翼に国籍マークよりデカデカと描かれている飛行隊
である。


主翼で3、尾羽で0、脚で2を表しているのがお分かり頂けると思う。



8月26日には、海自のSH60Jヘリが青森県で墜落している。


チョッと続き過ぎではないのか?


防衛省の安全管理体制はどうなっているのか疑問だが、米軍のオスプレイが
緊急着陸すると大騒ぎし、米軍のヘリが墜落すると大騒ぎし、飛行差し止め
を求めるのに、自衛隊がこれだけ事故を連発しているのに抗議もしなければ
飛行差し止めも求めない日本人の精神状態というか、ご都合主義というか、
正直、どうやねん?と思う


また、米軍のトラブルに対して、原因究明が不十分であるとの見解を示す
のであれば、ヘリの墜落にしても、ファントムの炎上についても、原因を
しっかり国民に開示するのは当然と考える。