それ、おかしいやろ? 一言物申すブログ

一言物申したいことに一言物申すブログです。

螺旋を描け

皆さんも飛行機を利用した事はあると思います。


飛行機は決められた出発方式に従い、上昇しながら定められた航空路に
乗り、目的地まで飛行します。



ところが、北朝鮮は違います。


平壌国際空港を離陸した飛行機は、目的の航空路まで上昇しながら到達
するのではありません。


離陸後は北朝鮮当局によって定められた空域内で旋回しながら上昇し、
指定の高度まで達した後に航空路に向かいます。



何のため?


国土内の様子を上空から見せたくないからです。
特に外国人に・・・


Google Earthあるがら無駄だっちうゅの!



また残念なニュース

また残念な訃報が届きました。
北朝鮮拉致被害者 増元るみ子さんのお母様がなくなられたと・・・


                          合掌



遂にご両親ともるみ子さんとの再会が果たせないまま旅立たれました。
拉致被害者のご家族でお亡くなりになったのは、6人目だそうです。


るみ子さんも、帰国が果たせた時の悲しみは喜びと同じくらいになって
しまいます。


それでも、1日も早く全員が帰国が出来るよう動かなければなりません。



安倍総理は何故、北朝鮮に行かないのでしょうか?

なにをしている?

北朝鮮による日本人拉致被害者 曽我ひとみさんの夫であるジェンキンスさんが
昨日なくなられたそうです。
謹んでご冥福をお祈りいたします。



小泉総理大臣が訪朝の結果、5名の日本人拉致被害者を連れて帰国し、その後
ご家族も帰国を果たされた。


ジェンキンスさんもご家族とご一緒に来日され、その後米軍への帰還と脱走の
処罰を受け後、佐渡市で暮らしていた。


ジェンキンスさんが飛行機から降り立った時、走り寄って抱擁しキスをした
曽我ひとみさんの姿、帰国する機内の中でジュースを貰い、「総理大臣と同じ
ものを飲んでいいのか?」と訊いたという蓮池さんご夫妻の息子さんのエピソード
そして、ご家族を乗せたANAのB767が着陸してくる様子は、本当に昨日の事の
様に思い出される。


しかし、実際はアレから15年以上が経過している。


日本政府は、北海道松島小島で窃盗を働いたと思われる北朝鮮人のうち、
逮捕された3名以外を強制送還する方針の様だ。


いったい何をやっている?


ジェンキンスさんが亡くなったんだぞ!現実を見ろ!
残された拉致被害者家族にも多くの時間が残っていないことは明白だろう?


強制送還ではなく、拉致被害者の方と交換だ!


ヤマト堆付近で違法操業している似非漁民も、全て拿捕して交換要因に
しなければならない。


拿捕された木造船の乗組員が、日本に情報提供しているという似非情報
を流せば、交換に応じる可能性は高くなる。
奴等が盗んだものの賠償を北朝鮮に請求し、それを取り下げる条件でも
いい!とにかく拉致被害者を帰国させる手段として使うべきだ。


超党派議員が付けているブルーリボンのバッジは、「やってる振りの象徴」
か?



ご存知ですか?

昨日から、福井県で3歳の男の子が行方不明となっている。
寒い中、夜通し捜索されたが、未だに発見されていない。
本当に心配だ。


お父さんと一緒にお父さんの会社に行き、用事を済ませる僅か
10分ほどの間にいなくなったそうだ。


パチンコ店の駐車場に停めた車の中で、幼い子供が熱中症で亡くなる
事件は、どんなに報道され批判されても毎年の発生しているが、わずか
10分の間にいなくなるとは夢にも思わなかったのだろう。


今は無事を祈るだけだ。


今、日本では一家に1台、地方によっては2台、3台の車を所有している。
しかし、意外と知られていないのが「チャイルドロック」
これは、小さな子供が車のドアを内側から開けることができないように
するための仕組みで、電子式ドアロックを解除しても、このチャイルド
ロックは解除できない。



中には自分の子供が2歳になった時に、初めてこのチャイルドロックに
気付いたと言う人がいるほど周知されていないものだ。


いやいや、車の取扱説明書は、必ず読むことになっているので、これを
知らないということは取り説を読んでいないということ。


少なくとも、チャイルドロックを知っていて、それを使用していれば、
今回のような事は起きていない。


親の過失で子供を危険な目に遭わせないように、車でも家電でも、取り説
はきちんと読むべきものだ。