それ、おかしいやろ? 一言物申すブログ

一言物申したいことに一言物申すブログです。

2年ありき

今日で熊本地震の本震発生から2年です。
同じ震度7でも、14日の前震よりも、16日の本震で亡くなられた方や倒壊した
建物の方が圧倒的に多く、中には前震の後も自宅に留まって、本震で命を落とされ
た方もいらっしゃいます。
改めまして、ご冥福をお祈りいたします。


                               合掌



そんな中、仮設住宅の入居期限である2年が迫ってきました。
しかし、実際の復興は仮設住宅を撤去できるほど進んでいません。


中には災害に強い町にするために道路が拡張され、それに土地の殆んどを取られて
しまうような方もいらっしゃいます。


四角の土地が、三角形の一坪もない広さで残り、「これが貴方の土地です」と
言われても・・・




この方は、未だに代替地の提案すら受けていないそうです。


こんな事は、阪神・淡路や東日本の大震災でも起きているはずです。
阪神淡路の時は、まだ大災害に対する法が整備されておらず、大混乱となりました。
現在の災害対策に対する法整備は、阪神・淡路を教訓に進められています。


そして、東日本では、予め予想されていた大津波の対策を怠った東電が、福島第一
原発の事故を起こしたことが広域の復興を妨げている最大の原因です。


熊本のような場所で発生した地震でも、今後の災害発生を念頭に、道路の拡幅などの
計画を考えるのは当然!
そうなれば、地元住民や地権者との交渉、調整に時間を要するのは分かっている筈です。


都市計画が決まらなければ、災害公営住宅の場所や規模も決まらない、企業が復興
しなければ、人も帰って来ない。


なのに、仮設住宅の入居期限だけは「2年」ありき


希望すれば延長もできるそうですが、被災者の方にそんなプレッシャーをかける
必要があるのでしょうか?
もちろん、この先5年も10年も仮設というわけには行きません。
しかし、仮設住宅の入居期限については、居住者の考え、希望を訊いて、現状に則した
形で対応するべきではないでしょうか?


実際に行政が多くの地権者の意見を集約し、街づくりの計画を立てるのに、2年は
短すぎます。
通常の区画整理事業でも、何年かかってますか?



グリーンルイボスティー

やっと・・・

もう随分前にあるブロガーさんと「小出しにします」と約束していた
内容を、やっと書かせて頂きます。


そう言えば、アニソンとか車とかプロ野球の応援歌とか、色々忘れている
シリーズもありますね?


では、新シリーズ1回目はこちら



ご存知の方も多いと思います。
今や福岡土産の定番で、どなたにでも喜んで頂ける「博多通りもん」


ミルク風味の黄身餡をシットリ生地で包んだという感じでしょうか?
緑茶・紅茶・コーヒー・ジュース、どんな飲み物にもよく合う、西洋和菓子です。


全国には、福岡から来る人にわざわざコレを頼む人もいるほどの人気で、似た味
のお菓子も今のところ無いようです。


実は、出来立てよりも2日ほど置いた方が美味しいらしく、さらに夏は冷やして
食べても美味いんです。


お求めはこちらからどうぞ!



意外な動作

今日で熊本地震発生から丸2年
改めまして亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、現在も避難
生活を余儀なくされているなど、被災された皆様へ、お見舞いを申し
上げます。


熊本地震以降も、日本各地で人々の生活に大きな影響を与える地震などの
災害が発生しています。
中には、大分県の耶馬渓で発生した土砂崩れの様に、地震と同様、事前の
察知が困難な災害もあります。


ご家庭ではご自分の身や家族を守るための防災セットを準備しておく事は
大切ですが、職場や学校などの集団生活の場、コンサートや展示会等の
イベント会場で避難が必要になった時に覚えておいた方が良い避難方法
として、両手を水泳の「平泳ぎ」のように動かしながら避難することが
あります。



狭い通路や狭い出入り口を目指して人が殺到すると、人が密集して詰まった状態
になり、身動きが取れなくなります。
人の流動性が無くなるということです。
これは、1m2あたり1.8人を超えると起きる状態だそうです。


ところが、両手を平泳ぎのように動かしながら移動すると、人の密度が下がり
流動性が確保されるため、狭い出入り口でもスムーズに流れが確保できます。


実験で得られたデータによると、同じ条件の下では両手を動かしながら自分の
スペースを確保しながらの避難時間は、狭い出入り口が詰まってしまう状態に比べて
半分以下の時間で全員が退出できています。


これは、だれか一人がやっても意味がないので、各自治体や公民館、自治会、学校
が主体となって広げるべきでしょう。



ディフィンドフューチャー

行政に続いて司法までも?

先日、森友学園問題で衆参両院での証人喚問が行われ、「刑事訴追の恐れ」を
理由に証言拒否を繰り返した、佐川宣寿前国税庁長官と、財務省職員の書類
改ざんに対する立件が見送られるという。


財務省、国土交通省の行政に続き、大阪地検特捜部という司法の世界まで
安倍総理への忖度か?


文書を改ざんしても、趣旨が変わっていないからだと?
検察はアホなのか?
その細かい部分が重要なんじゃないの?


日本の裁判は、警察と検察の取調べにより、有罪にできるという確証が得られ
なければ起訴されない。
検察の下らない面子のためだと思うが、逆を言えば検察の捜査能力の低さとも
言える。
検事は捜査検事と公判検事は別なので、裁判を進めながらの捜査は可能なのだが?
それを考えると、痴漢冤罪事件などは完全な手抜き捜査ではないかと思われる。


東日本大震災に絡む原発事故で、東電の旧経営陣が不起訴とされ、検察審査会
の審査によって起訴決議を受けて強制起訴された。
現在、裁判の中で、事故の9年前に福島沖で巨大地震が発生する可能性を指摘
されていたこと、外部から津波対策をするよう指摘されていたにも関わらず、
先延ばししていた事など、次々と東電社員の証言によって明るみにでている。


事実は裁判の中でも明らかになって行くのに、検察は新たな事実によって起訴
した相手が無罪になる事が有りうることを当然だと思っていない。
逆に、一度起訴した相手に対しては、現在の科学技術の進歩によって、証拠品に疑義が
生じて、無実である可能性が濃厚になっても、再審の決定に対して抗告するなど、
徹底して検察の面子のためにだけ仕事をする。


お前ら中国人か?と言いたくなる。
まあ、中国人の場合は面子を重んじるといいながら、知的財産権の概念が無い、
面子丸つぶれの国家なのだが・・・


佐川氏の場合、証人喚問であれだけ本人が自分のやった事を正直に話すと、
「刑事訴追の恐れがある」と認めているにも関わらず、立件できなかったこと
が大阪地検特捜部に及ばず、検察全体の面子丸つぶれなのだが?
ああ!やっぱり中国と同じか!


通常、どんな事件・事故でも、当事者や目撃者の証言の中の一つ一つの言葉が
重要な証拠となる場合がある。
そんな事実を踏まえて、書類が改ざんされたものであることを認めながら、
趣旨が変わらない事を立件しない理由としたことは、また政府からの圧力が
かかったと疑うに充分ではないか?


佐川氏と財務省職員の立件見送りについては、検察審査会に送るべきだ。


また、検事総長と検事長、次官検事、各地検の検事正は、最高裁判事と同様、
総選挙の際に国民審査を受ける必要があるのではないか?
今回の公文書改ざんに関与した佐川氏と財務省職員を立件できないような検察官
は職務不適格だろう?


それとも、佐川君!刑事訴追の恐れがなくなったら、もう一度国会に来て
事実を喋るかね?



ここのところの警察の相次ぐ不祥事に加え、検察までもこんな体たらくでは、
国民の多くが司法を信用できなくなり、日本の治安が悪くなる事が懸念される


日本国民の安全は、外は中国や北朝鮮から脅かされ、内からは司法の信頼崩壊
によって脅かされる。


なんかさあ!日本は法治国家じゃなくなってるぞ!


力を持てばやり放題なら、法に囚われず無法地帯にして、物理的な力でも、
頭脳でも、力を持った奴がやり放題!
それは北斗の拳の世界じゃね?


J-WiFi

快腸肌潤

金澤くずきり

有名人の言葉は全て名言・格言か?

サッカーのイングランドプレミアリーグ アーセナルFCのベンゲル監督は
こう言った。
「結果が重要なのではない、結果が全てなのだ」
確かにスポーツの世界ではその一面はある。



個人の成績よりもチームの勝ちを優先される。
しかし、個人の成績が上がらなければチームの勝ちは無いことも確かで、
更にチームワークが加わるし、野球では「犠打」という犠牲もある。
そして、個人の結果を成果として評価するには、アシストやヒット1本、
盗塁といった一つ一つの小さな結果が必要になる。
シーズン中の1試合の勝敗でさえ、優勝という結果を求めるための過程に
過ぎず、それが無ければ結果を出したことへの正当な評価が出せない。


サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が解任され、後任の西野監督が
今日就任の記者会見を行う。
選手とのコミュニケーションが執れなくなってきたとう過程を踏んで、
強化試合という過程の中の勝利という結果が出せなくなったと判断された
のだと思う。
日本代表は、ロシアワールドカップ目前の監督交代という逆境を乗り越え、
良い結果を出して欲しい。


一方、未だに世間を騒がせている2つの学園問題は、その結果がハッキリと
明暗を分けた。


加計学園は、予定通りこの春岡山理大獣医学部を開校し、1期生を迎えた。
一方、森友学園の方は、理事長と婦人は逮捕され、未だに拘束されたまま、
国有地は国に戻ったものの、まだ使途がなさそうな建物が債権として残ったまま、
使えない土地になってしまった。


そして、どちらも安倍総理に関する重大な疑惑が残ったまま、日々新事実が
次々と発覚して、それが深まっている。


結果として言えば、森友は確実に失敗し、現在その過程を正しく評価するべく
議論が展開されている。


加計は・・・
一見成功したかのように見える部分は、今後もどうしようもない。
今更認可を取り消して学生を退学させ、閉校して建物を壊すわけにも行かない。
しかし・・・
今後、岡山理大獣医学部を卒業した獣医が、世間からどの様な評価を受けるだろうか?
これから新たな過程が始まる。


更に、今までの過程から新たな事実が判明してくれば、安倍総理から見ても
失敗の結果がでることも十分に考えられる。


今後どんな過程を経て、どんな結果が出るのか?
国民が評価するのは「大学が開校した」とか、「小学校が開校出来なかった」などの
結果ではなく、その過程なのであって、それが怪しさ満載なら尚更厳しくなるのは
当然だ。


そう考えると、ベンゲル監督の様な人物の言葉も、全てが名言・格言とは言えない
気がする。