それ、おかしいやろ? 一言物申すブログ

一言物申したいことに一言物申すブログです。

いい加減にしろや!ゴルァ~

数年前までマンション販売とか先物取引が多かったけど、最近は
保険代理店が多いのかな?


業者から購入した名簿で営業電話寄越してくる会社
はっきり言って仕事の邪魔!迷惑です。



簡単に撃退法をご紹介します。


・電話を寄越した会社に、名簿の購入先を訊く
・回答があった名簿業者に電話して、自分のデータを削除するよう命じる


これだけです。


本来、個人情報保護法によって、名簿に記載された個人情報は、オプトイン
(対象者が販売される事を承知して提供されたもの)以外、販売することは
認められていません。これが第一義です。


しかし、これでは名簿業者が仕事にならないため、名簿業者は名簿を販売
している事を広く告知し、さらにオプトアウトの申し出があったデータは
速やかに削除し、販売を継続ないことを条件に、例外的に販売されている
ものです。
そして、このオプトアウトの仕組みを構築していない業者が違法な業者
なのです


これ、おかしくないですか?


・自ら自分の個人情報が販売される事を承知して、提供する人はいない。
・一般の人が、国内全ての名簿業者を把握し、自分のデータが売買されて
 いるかを把握できない。
 営業電話を受けて、その会社に言わせなければ、把握は無理。
・名簿業者に削除を命じるために、時間と経費がかかる。


私の過去の削除方法をご紹介します。


・東京都内のマンション販売業者から入電
・購入を断った上で、名簿の購入先を問いただす
・マンション業者は「それは業務上の秘密」だと言い、業者名を
 言わない
・オプトアウトの仕組みを構築していない業者違法業者であることを
 告げる
・マンション業者が名簿業社名を言わなければ、オプトアウトを阻害
 している業者と見做し、御社は違法な名簿業者から名簿を購入している
 疑いがあるマンション販売業者として、東京都の監督部署へ通報する旨告げる。


ここまで言えば、営業電話を寄越した業者は必ず名簿の購入先を言います。


・マンション業者から名簿業者へ連絡し、自分のところへ10分以内に
 電話をさせるように指示する。
・名簿業者からかかって来た電話で、自分の個人情報を削除するよう
 命じ、完了後に削除証明書を裏づけ資料を添えて提出するよう求める。
・元となった名簿を聞き出す(同窓会名簿や社員名簿など)


ここで、名簿業者が困るのが「裏づけ資料」です。
何を提出すれば良いのか分からない上に、信用して貰うしかないと主張
してきますが、絶対に緩めてはいけません。


個人情報を勝手に売買する会社は信用できないと突っぱねてください。
裏付け資料とは、紙上またはモニター上で自分のデータが削除された事
が作業前後で確認できるものを要求します。


モニターの画面をデジカメで撮影するのも1つの方法でしょう。
こんな真っ黒に近いグレー商売を止めたくなるほど徹底的にやりましょう。


こんな行為は、削除のお願いや依頼ではなく、あくまで指示・命令の
つもりで強気でやる事が肝心です。


個人情報保護法の問題は、オプトイン、オプトアウトの仕組みを知らされて
いないことも問題ですが、団体が一括してオプトアウトできないことも
大きな問題です。


例えば、高校や大学の同窓会名簿や、社員名簿が流出して業者の手に渡った
場合、同窓会や企業として全ての同窓生、社員のデータを一括してオプト
アウトできない事です。


オーイ!今度の総選挙で個人情報保護法改正を公約に追加する政党や候補者
はいないか?


明日は実際にけじめを取らせた出来事を書かせていただきます。




庶民は忘れません。

この国は 記憶をなくした者の勝ち


今日の朝刊に掲載されていた川柳です。
誰の事が思い浮かびますか?
私は真っ先にこの人です。



無くした物は記憶だけではありません。
色々な記録も無くしたお陰で勝ち組になりました。
しかし、財務省理財局長や国税庁長官って、鳥頭の
馬鹿でも勤まるんだと思いました。


しかし、庶民は記憶を無くせば負けです。


今までの安倍総理の傲慢・強引な政治運営、お友達優先政治、
国民を舐めたような「丁寧な言葉遣い」で中身がない説明
絶対に忘れたら負けです。


都議会議員選挙直後と、今の態度を比べると、反省していない
のはどなたにも分かります。
それは、官房長官も、自民党の幹事長も同じ


稲田元防衛大臣も、岡部前陸上幕僚長も、記憶と記録を
無くして退任に追い込まれました。
中途半端で納得できませんが、それが当然です。




あの時は恐かった

昨日、東名高速道路の追い越し車線に、無理やり車を停車させて
事故を誘発し、乗っていた2人の方を死亡させたとして福岡県
在住の男が逮捕されました。


原因は、自分がPAでのマナーを守らなかったことなのですが、
この犯人は相当なDQN野郎で、注意された事を逆恨みしての
ことでした。
大変不条理な事です。


改めまして亡くなられたお二人のご冥福をお祈りいたします。



今から10年以上前の話になりますが、2月の寒空の下、
出張先でレンタカーを借り、山間部の片側2車線の高速道路の
走行車線を走行中、自分の前にいたライトバンが突然頭を左に
振って、そのままガードレールに激突!


その反動で追い越し車線まで弾き飛ばされ、そこで止まりました。


直ぐに路肩に車を停めて走って戻り、走行してくる他車のタイミングを
見ながら110番しつつ事故車にかけ寄ると、幸い助手席側のロックがされて
おらず、ドアが空きました。


ライトバンだったため、オートロックが装備されていなかったのだと
思います。


警察に事故現場のキロポストや状況を伝えつつ、ドライバーに声をかけましたが
反応がないので、頬を叩くとやっと気が付きました。
気絶していたようです。


幸い脱出に支障はなかったので、運転席のドアを開けて救出し、
直ぐにガードレールの外側に避難


しかし、そこは高速道路です。
しかも現場はネクスコの事務所や警察が待機しているところまで
かなり距離があります。


おまけに現場は緩やかな右カーブ・・・
自分のレンタカーから発炎筒を探し出し、点火!
事故車の左後ろに置きます。
初めて発炎筒を使いました。
やはり横断が恐かったです。


車に置いたカバンの中には極太マジックを赤黒入れていたため、とりあえず
持っていた新聞紙に大きく赤マジックで、「事故、左へ寄れ」
と書いて、現場の数百メートル手前まで走って行き、それを
走ってくる車に向けて広げていました。


そこへネクスコの黄色い4WD車が目の前の反対車線を通り過ぎて行きました。
既に通報から15分以上経っています。
緊急の場合でも、反対車線を行きすぎ、分離帯を切る事ができる場所まで
到達しないと、こちらの車線に入ってくることはできません。


それから5分ほどでこちらの車線に入ってきたネクスコ車は、多数の発炎筒
に点火し、次々と事故車の後ろに並べていきます。
さらに、きちんとした規制がひかれましたが、その作業は実に鮮やかなもの
でした。


その作業中にやっと警察のパトカーが到着し、事故車のドライバーから
事情を聞いていますが、暫くして警察官が私の名前を呼びました。
110番通報時に名前を言っていたことを思い出しました。


呼ばれた警察官のところへ行くと、事故の状況を聞かせて欲しいとのこと、
肝心のドライバーは覚えていないそうです。


仕方ないので、見たまま証言しました。


走行中、ライトバンの左後ろのタイヤがバーストし、多分そこを中心に
頭を左に振ってガードレールに激突したと・・・


事情聴取も終わり、警察官に連絡先を聞かれたので名刺を渡して
車を出しましたが、外は既に真っ暗な上に雪まで降り出して、運転が
慎重になったのは言うまでもありません。


その後高速を降りるときにホッとしたのを覚えています。


後で気がついたのですが、運転中は暖房を入れ、車内は暖かいし、動きが
制限されるのが嫌なので、真冬でも運転中はワイシャツ1枚です。
事故の時はそのままの服装で飛び出していたのですが、アドレナリンが
出ていたのか、全く寒さを感じませんでした。


それより、事故車を目指して車線を横断する方が恐かったです。


他に後続の何台かが止まって、事故車のドライバーのケアや私が後続車
に向けて掲げている「左に寄れ!」の新聞紙を懐中電灯で照らしたり
してくれました。


それにしても、事故現場なのに、事故直後の規制がかかる前は、後続車は
それほどスピードを落としてくれないものですね?


レンタカーを返すときに、発炎筒を使った旨報告し、必要なら〇日の
事故の件でと高速隊に連絡し、事故車の所有者から購入してもらって
くださいと告げると、「大変でしたね」と言われ、大丈夫ですとの
ことでした。


今回の事件では、正しい事をしたのに訳の分からんDQNに絡まれ、追い越し
車線に暴力的に止められるという恐怖を味わった上に、事故で亡くなるという
最悪の結果となりました。


被害者の車に追突してしまったトラックドライバーさんも取材を受けて
いましたが、状況を聞くと本当にお気の毒です。
不可抗力とは言え、人を2人死なせてしまった事実は消える訳は無く、
これからも悩まれると思います。


もう、こんな性格の持ち主の奴には、車を運転して欲しくありません。
厳しく罰せられるよう望みます。


後日、自分の携帯を不注意で水没させた先輩が、当日外出予定が無かった
私の携帯を持って外出し、返すときに「〇日の110番ってなに?」
と訊いてきました。


リダイヤルで会社に電話しようと操作していて気付いたそうです。